デッドエンド解説レビュー〜行き止まりこそが愛すべき我が道〜

デッドエンド解説レビュー〜行き止まりこそが愛すべき我が道〜

おはようございます!!

いやぁ、台風来ましたねぇ。

僕が住んでいるところも、夕方からえらいこっちゃになる予定なんで、

今日はパパッと仕事を終わらせて、早く帰ろうと思います。

broの皆様も今日は道中お気をつけて!

さてさて、今日朝一のレビューは、18枚目のアルバム「C’mon」から、デッドエンドです。

とてもロックな曲で、重厚感を感じさせる。

デッドエンドは和訳で「行き止まり」という意味。

人間生きていれば本当に沢山の行き止まりを経験すると思うけど、

その行き止まりを無くしていくのではなく、自分の糧として生きていこうという、

とても強くてしぶとい意志を感じます!

逆境を味方につける

行き止まりさえもひっくるめ

これこそ愛すべき我が道

B’zの歌詞には、自分を追い詰めるストイックな歌詞がとても多いですよね。

特に後期の歌詞には、稲葉さんの人生経験が歌詞にフィードバックされているのか、

個人的にそう感じることが結構あります。

実際にストイックな人が、ストイックな歌詞で力強く歌ってくれると、

聞いているこっちは本当に励まされれます。

自分が壁にぶつかった時、そこで萎えてしまうのではなく、

そこから逆転してやろうという強い気持ちがフツフツと湧いて来ます!

やはり稲葉さんを目指すことは人生を充実させる大きなきっかけになりますね。

無理矢理でも面白がる

夢を描けないのならひたむきに待てばいい

生き続けることでしか何も生まれない

時間を食おうといいじゃないか

無理やりでも面白がれ

無理矢理でも面白がるっていう概念!

この曲に出会うまでは、こんな概念ありませんでしたよ。笑

たしかにこれが出来れば、人生怖いもの無し!

人生で起きる事柄全てがウェルカム!!!

この境地に至るのは大変だろうけど、この考えに至るまでの過程も、

無理やり面白がるくるれんだと思って、

毎日を精一杯過ごしたい。

そう思う今日この頃です。

無駄なことはない、全てが自分の糧になる

夢を失くして とまどうのは 無駄なことじゃない

今までやってきたことは まだやめちゃいけない

振り切らなきゃ いつまでもその先は見えない

憶病なことなんて 今さらもう隠さない

行き止まりさえもひっくるめ

これこそ愛すべき我が道

そして、その過程で辛いことが起きた時、

無理矢理面白がれなくなった時、

楽な道に逃げで、頑張ってた事を手放してしまおうか、

考えちゃうこともあるかもしれません。

だけども、その頑張りは無駄なことじゃない。

今までやって来たことは、まだやめちゃいけない。

その辛さを振り切ったその先に、成功が待っている。

そう思って耐える!

それがわかっていれば、行き止まりも愛すべき我が道になりますよね!

さぁ、今日も行き止まりを受け入れて、前向きにがんばるぞーっ!

レビュー書いている僕が、一番励まされている気がしますが。笑

B’zのお2人、今日もよろしくお願いします!!