なりたい自分になるために、現在進行形で実践している内容を記録しておく

どうも、Yasumixです。

いきなり暑苦しくなっちゃいますが、

なりたい自分に近づくアクション、起こせていますか?

 

おそらくほとんどの人が心の中に理想の自分っていうものを持っているとは思いますが、

そんな自分になるために、明確な目標を持って毎日必死に努力している人となるとだいぶ人数は減ってしまうと思います。

かくいう自分も人に自慢できるほどアクションを起こせているわけではありませんが、

実際に憧れていただけで何もしていなかった時の自分と比べると、

だいぶ毎日の充実感が変わってきたなぁという感じがしています。

 

ということで、今回はわかっちゃいるけど中々行動を起こせず悩んでいる人に向けて、

現在進行形での自分のアクションを紹介できればと思います。

ほんの一人でもいいです。

誰かの心に刺さってくれたらとてもうれしいです。

 

それでは、Here we go!

 

なぜなりたい自分になれないのか

先にこの悩みで生じる問題点を洗い出しておきましょう。

  • そもそも行動できていない
  • 今のレベルから一気に短期間で結果を出そうとしている
  • 昨日の自分と比較せず、周囲と比較してしまっている
  • 立てている計画に無理がある
  • 客観的に現時点での自分のレベルを分析できていない
  • 努力の方向性が間違っている

と、まぁこんな感じでしょうか。

 

結構共感してもらえる項目、あるんではないでしょうか。

では次にこれらの問題を解決するための対策方法を書いていこうと思います。

僕もいろんな方法を調べて試してきましたが、効果的なものもあれば、これどうなの?と思う事もあり、

対策方法に万人受けするものはないと思っています。

なので、紹介する内容は「僕の場合は」という大前提があるうえで見ていただければと思います。

個人的に、意味ないなと感じたものも紹介しますが、その考え方を否定するつもりは全くありませんので、

よろしくお願いします。

 

実践してみて実際に効果があったもの

なりたい自分の姿を箇条書きで書き出す

英語ペラペラになりたい

筋肉

京都に永住したい

歌が上手になりたい

ブログ書いて楽しく生きていきたい

 

みたいな感じ。

 

SNSで、なりたい自分の存在に近い人を探す

今は本当に良い時代になりました。

SNSでの出会いは確実に人ひとりの人生を変えます。

自分が目指している目標のスキルを持っている人を探してフォローしましょう。

仲良くなれればベストですが、個人的には一方的にのぞくだけでも全然問題ないと思います。

勝手に自分の師匠を作っちゃいましょう。

 

とことんスモールステップ化する

ランニングを自分の生活習慣に取り入れるとします。

最初の目標って大体毎日1Km走るみたいな感じになってくると思うんですが、

これって結構敷居高いと思うんですよ。

 

毎日着替える

ランニングシューズを履いて外に出る

 

これで全然素晴らしい。

これを習慣づけるのに一体どれだけの人が成功するのだろうか。。。

 

それぐらいのスモールステップでいいと思ってます。

 

シングルタスク

目標を掲げた時はやる気に満ちているので、全部頑張ってしまいがち。

けど長期目標はその時のモチベーションだけでは絶対に成功することはできないと考えています。

やる気がない時でもフォローできる行動量にとどめておくべき。

 

達成したいことがいくつかあっても、まずは何か一つ、結果を出してみることが大事だと思います。

そうすればその成功が次の達成へのエネルギーになってくれるから。

 

成長が体感できていなくても、行動している自分を信じる

これは筋トレで学んだことですが、

アクション起こせば成長は絶対にしてます。

ただその成長はあまりにも小さいので体感できないだけです。

 

だから行動した自分を毎回褒めてあげることが大事です。

そしてアクション起こしたら、その日はゆっくり休んでまた次の日頑張りましょう!

 

すぐ行動に移せる環境づくりに注力する

モチベが上がらない時にいかに行動できるか。

その問題を解決する対策の一つが、すぐに行動できる環境だと思います。

 

僕は自分の部屋に筋トレ器具を買っておいてます。

(ベンチプレスとか背筋台とか。)

筋トレを習慣化するとしたときに、家からわざわざでて筋トレしに行くのと、目の前に筋トレ器具があるのではどちらが行動しやすいか。

そう考えて、自分は家に筋トレスペースを作っています。

 

実践してみてあまり効果を感じなかったもの

次に自分にとってあまり効果が感じられなかったものを紹介します。

夢リストの作成

自己啓発本を読むのにハマっていた時に結構目にしていた内容です。

どんな些細なことでもいいから書き出せ。

みたいなことだったんですが、僕にはあいませんでした。

 

理由は項目が多すぎて優先順位がめちゃくちゃになるからです。

しかもモチベが下がったとき、どーでもいい項目を達成してやった気になるっていう事にもなりがち。

勿論どーでもいい項目だったとしても達成したことに価値はあります。

ただその達成した動機が、やる気がない時の穴埋めになってしまう可能性があるという事が僕にとっては問題でした。

 

達成困難な目標だと、それにしっかり向き合って長期間行動し続けることでしか解決しない場合もあります。

そのためには哲西するための環境、優先順位、シングルタスクが僕には必要でした。

なので、夢リストは必要なかったです。

 

自分の目標を100個書きだすといったような個数縛り

上記の夢リストと同じです。

100個も書けません、普通。

普段から100個すらすらかける人がいたら、たぶんその人はもうなりたい自分になっている可能性が高いです。

僕ももちろんやったことありますが、途中からそこまで興味ない項目もランクインされてきます。

たとえば、

個人的には車にはそこまで興味がないんですが、ベンツを乗り回す。

みたいな目標も入ってきてしまうわけです。そうしないと100個届かない。。

 

仮に100個かけても、夢リストと一緒で優先順位がめちゃくちゃになります。

本当に一番自分が達成したいことは何なのか。

まずはそのことだけに集中して行動していった方が結果に結びつく可能性はグンと高まります。

 

周囲に決心した内容を公表する

周りの人に目標を公言しても、ダメな時はだめでした。

自分は周りにどう思われても全く気にしない性格なので、

「公言したのに、達成しなかったら周りからなんていわれるだろう。。。頑張ろう」

とはならんのです。

 

大事なのは自分が行動し続けるための仕組みと環境づくり。

周りの声は関係ナッシング。

 

目標達成のための期限を細かく決める

行動しててなんか違うなと感じた時に、修正できなくなるからです。

これも筋トレから学びましたが、

いつまでに何キロ痩せるとか目標たてても、

そもそも目標達成可能かどうかもわかりません。

目標達成も大事だけど、重要なのは色々試して自分に合ったやり方を模索し、継続して習慣化させること。

結果を出すまでの過程で培った経験がめちゃくちゃ大事。

 

目標期限を細かく設定してしまうと、なかなか思うような結果が出なかった時に、詰んでしまいます。

焦って間違った方法で行動してしまったり、モチベが続かなくなって、行動を辞めてしまうことにも繋がります。

 

僕は基本目標期限は年・月単位でしか定めません。

年目標から落とし込んだ1カ月で、自分の思うようにいろいろやってみるようにしています。

まとめ

今回の記事であまり効果がないと書いたことも、

人によっては効果は十分あるかもしれません。

実際に自分に合っている方法が何なのかは、結局のところやってみなくてはわかりませんが、

一気に物事を始めても結局全部うまくいかないことが多いです。

 

最初何から手を付けていいかわからなくなった時に、

そういえばこんなこと書いてたなと思いだしてもらえたら幸いです。

試しに行動してみる第一歩の後押しとなることを願っています。

 

 

最新情報をチェックしよう!