とんかつ屋さんで食べられる、おかわり自由の千切りキャベツが食べたくなったので家で作ってみた。

どうも、Yasumixです。

 

突然ですが、とんかつ屋さんで食べれる、おかわり自由のふわふわキャベツを食べたくなる時ありませんか!?

僕はキャベツ1玉の1/5を毎日サラダで食べているのですが、

千切りにして食べようにも毎日切るのが手間だし、ある程度の太さになってしまい、

ふわふわというよりもバリバリ言わせながら食べていました。

これだと正直準備もしんどいし、食べるのもしんどい。

継続するのが苦行なんですよね。

 

何度も食べるのやめようかと思いましたが、

値段も安く、めちゃくちゃ身体にいい栄養素がぎっしり詰まっていて腹持ちもいい。

別名で「食べる薬」と呼ばれることもあるそうです。

費用対効果が抜群なので、頑張らなくても続けれる方法はないか。。。

 

そこで思い浮かんだのがとんかつ屋さんのキャベツだったというわけです。

今回はふわふわキャベツを簡単に食べれるアイテムをゲットしたので、

こちらを紹介していきたいと思います。

 

とんかつ屋さんが使っているキャベツスライサーを購入

といっても、そんなたいそうなものを買ったわけではないのですが。。。

お店でも使っているキャベツスライサーを購入したということです。

これが本当に便利で楽に千切りが出来、なおかつ薄~い千切りができるので、

ふわふわキャベツを毎日食べることが出来ちゃうわけです。

自分で千切りを行っても切れる薄さには限界があります。

毎日続けたい事だからこそ、いかに楽においしくキャベツを食べれるかを重視してこのスライサーを買いました。

ちょっと大きいですが、キャベツをスライスするならこれぐらいあった方が安定感があっていいですね。

一緒に大きめのザルがあるとなお良しです。

がしがしスライスしていきましょう!

スライサー自体は全然重たくないです。

 

100均に行けば安いスライサーが手に入りますが、あのふわふわ感は再現できません。

ちょっと金額計算してみましょう。

 

スライサーを使った場合にかかる1年間の費用

2,000円のスライサーはなかなか高額ですが、1年使う前提で計算します。

キャベツ1玉100円とした場合、5日で使い切るので、年間73個のキャベツを買うことになるので7,300円

年間で計9,300円の費用がかかります。

1日当たり25.5円です。

これでキャベツに含まれる多くの栄養素をゲットできます。

 

カットキャベツで代用した場合

一袋100円なので、年間365袋で36,500円かかります。

一日当たりは当然100円。

しかも摂取できる栄養素は雲泥の差。(残念なことにカット野菜から摂取できる栄養素はほとんどないです)

 

凄くないですか!?

2,000円でこのスライサーが買えるならマジで激安です。

しかもキャベツ以外の野菜にもガンガン使えます。

僕はゴボウもこのスライサーで切っていて、きんぴら用のささがきもこれで作ってます。

 

別名「食べる薬」 キャベツの栄養効果を再確認

毎日食べる価値があるキャベツ。

その効果をまとめてみました。

ビタミンC コラーゲンに必要な栄養素で皮膚や粘膜の健康維持に役立つ
カリウム 余分な塩分の排出に一役買ってくれる
ビタミンU 別名キャベジン。胃腸の粘膜を丈夫にし、胃酸の分泌調整など、整腸の役割が期待できる
カルシウム 骨や歯の強化。ビタミンDとの同時摂取で吸収率アップ。ちなみにカルシウムはなるべくサプリで摂取しない方が吉
ビタミンK 血液の凝固や骨の強化に役立つ
葉酸 細胞の生産・再生を助ける、身体の発育にとても重要な栄養素。赤血球の生産も助ける。
食物繊維 水溶性<不溶性 便のかさましに役立つので便秘効果にもってこい

これはもう、買いです。

キャベツの栄養素を思い返すたびに、小さい時から毎日食べておきたかったと強く思います。

自分が子供だった頃は、現在ほど栄養に関して世間もそこまで敏感ではなかったので仕方がないかもしれませんが、

自分に子供ができたら、食育にはめちゃくちゃ力入れるでしょうね。

キャベツは毎日食べさせるかな~。

 

まとめ

というわけでふわふわキャベツを簡単に毎日食べる方法でした。

栄養素の重要性もわかっていただけたと思います。

 

ちなみにドレッシングはこれを使っています。

京都かつくらのドレッシングです。

柚味のさっぱりドレッシングで、マジでいくらでもキャベツ食べれます。

よかったら試してみてください。

マジうまです。