自分の姿勢を高めてくれる漫画その1〜スラムダンク〜

雑記

おはようございます!

今日は晴れましたが、僕の中の倦怠期はまだ続いております。

しばらく思考を変えて、自分の気持ちがやる気になった時のきっかけになった漫画の記事を書いてみようかなと。

これがきっかけで姿勢が前を向けば儲けもんです。

バスケ漫画の金字塔、スラムダンク

はい、王道。

まずは王道から行きますよ!

スラムダンク、誰もが知るバスケ漫画。

当時のバスケ漫画で売れることは難しいという風潮をぶっ壊し累計発行部数1億2000万部の神漫画です。

そしてこの漫画は人生で初めて読んだ漫画でもあります。

スラムダンクとの出会い

僕がまだ小学校低学年の頃、当時の家の方針はとても厳しく、

漫画、ゲーム関係は一切NG。

バトル、特攻戦隊、言葉遣いが悪いテレビ番組も一切NG。

漫画で唯一許されたのは、小学校の図書館で借りることが出来る歴史マンガ。

織田信長、野口英世とか、そういうやつ。

一応漫画ですけど、僕の中ではこれは漫画じゃありませんので、

スラムダンクより前にこれらは読んでましたが、

はじめての漫画はスラムダンクとします。

そんな時母親の知り合いが、

子供が読んでたスラムダンクの1巻から8巻を捨てようと思うのだけど(もう読まないらしい)、

もし良かったらあげるし子供にあげて。

と言われ、スラムダンクを家に持って帰ってきました。

本当は持って帰って来たくなかったらしいが、

性格上押しに弱く、断れなかったそうです。

そんなこんなで家に初めて漫画がやって来たわけです。

本来ならすぐに捨てられるはずだったスラムダンクですが、

父親がどハマりした事で、運命が変わります。

父親が集め出したわけです。

母親は勘弁してくれと思ってたらしいけど、

そのおかげでこの漫画を読み通せたことは、人生経験に大きな差が生まれていると思います。

読む時期によって、理解度、感じ方が多種多様に変動していく

最初読んだときは、漫画が面白いからという理由で。

会話のやり取りなんて意味わかってないことがほとんどでした。

魚住のはらたいらさんに3000点なんて、当時完全に意味不明。笑

そこからキャラ同士の会話の意味が少しずつわかることで、

キャラの本当に言いたかったことがわかるようになってくる。

そして自分が大学生になることで、

選手たちより年上になります。

するとまた目線が変わる。

キャラは高校生で止まっているけど、読み手は成長します。

恋をします。

部活に入って運動にのめり込みます。

社会に出ます。

運動に割ける時間が減ります。

こちら側の環境が変わっていくたびに、

この漫画の凄さがわかるし、

部活に打ち込める環境に心底羨ましいと思うし、

キャラの努力している姿に感動するわけです。

今では涙なしでは読めません、この漫画は。

さらに笑いの感性も変わります。

今まで笑ってなかったところで大爆笑する事も多くあります。

小学生の頃ころから、1番長い時間を過ごした漫画だからこそ、

漫画を読んでる時の僕の感情の変化が物凄い訳です。

本当に面白いし、学ぶことがたくさんあるし、泣ける。

だからこの漫画を読んでいるときは、

頭の中で沢山の前向きな発想がどんどん出てくる。

読んだこと無い方は、是非読んでみて下さい。

人生変わりますよ!

雑記
Yasumixをフォローする
B'zの稲葉さんみたいになりたい!
タイトルとURLをコピーしました