<レビュー>四代目ランニングシューズ、エアズームペガサス36購入

ボディメンテナンス

10月末に控えたハーフマラソン大会。

夏が始まる頃に親友たちと参戦を決め、きちんと練習が継続できていたらシューズを新調しようと決めていました。

そして本番まで2か月弱となり、今でも継続して練習できているので、

シューズの慣らし期間も踏まえて購入しました。

走ることを継続してから、ナイキのランニングシューズはこれで四代目。

初代~三代目のシューズはいくつも穴が開くまで走りこんだのはいい思い出です。

10キロ弱走ったので、感想とレビューを書こうと思います。

 

見た目、デザイン

さぁ~、開封しますよ~!

 

靴の色はオレンジにしました。

やる気に満ち溢れた色です。

天気のいい日に縦横無尽に駆け回りたいという思いを込めて購入しました。

いやぁ、いい色だ!

 

ソールは今流行りの厚底です。

ちょっと前から急に厚底のランニングシューズは流行りだしましたよね。

メカニズムは常に進化しているという事なのでしょう。

お気に入りはかかとの流線形ととんがっている部分。

 

機能、履き心地

サイズは28cm、幅は普通サイズの物を購入。

サブ3.5~4を目指せるシューズのスペックを持っています。

 

今まで履いてきたシューズよりも少し重いですが、全然軽いです。

やはり厚底になった分、ソールの重さがプラスになっているのでしょうか。

ですがその分足をしっかり包んでくれていますし、走ったときの衝撃が全然違います。

 

試しに10キロ弱走りましたが、

走ってみて改めてこのシューズのスペックなら20キロは余裕だなと感じました。

 

ただ履く前の厚底のイメージとは若干違っていて、ソールの反発は少し硬めでした。

個人的にはもう少し柔らかい方が走りやすいのですが、

長距離を走ることを考えるのなら、こちらの方がいいのかもしれません。

 

厚底に変えた理由を履いてきたシューズの経緯とともに語る

僕が最初走りだしたときの目的は、「学生時代にテニスで培った運動習慣を継続させる」ためだったので、何十キロも走ることは想定していませんでした。

5キロくらいを定期的に走れればいいかな…みたいな。

という事で、テニスシューズからランニングシューズに乗り換えランニングを取り入れたわけです。

 

その時シューズ選びで重視したことは、重さのみでした。

テニスシューズは結構頑丈で重量もあります。

まぁそれが普通だと思ってやってきたものですから、

当時購入した初代ランニングシューズのフライニットルナ2を履いた時は、

驚愕でした。

軽すぎて笑っちゃったのを今でも覚えています。

 

編み込んだ布と薄底のルナロン(Lunarlonクッション)というソールの柔らかい反発は、

今でも身体がその衝撃を覚えています。

 

そんなわけでしっかり履きつぶした後、

次に後継種のフライニットルナ3を購入するわけです。

またこのシューズが良かった!

今まで履いてきたシューズの中では、

デザインはフライニットルナのデザインが一番好きですね。

履き心地も街ランならフライニットルナ3に勝るシューズはないんじゃないかと僕は個人的に感じています。

それぐらい走りやすかったですね。

 

そして三代目。

ちょうどこの頃。

フライニットルナ3の末期位からですかね。

ハーフマラソンとかにも挑戦しだすのですが、ここで思わぬアクシデントです。

このフライニットルナ3、長距離には向いていなかったんです。

足が痛くなっちゃいました。

 

フルマラソンにも参加しましたが、7時間直前までかかったのを覚えています。

 

この経験を活かして、僕はフライニットシリーズからの卒業を果たし、

サブ4も狙えるランニングシューズを購入しました。

それがルナスピードアクセル。

 

ルナという名前がついているのでおわかりだと思いますが、

ソールは同じルナロンです。

ただフライニットルナシリーズより少し重く、しっかりした作りになっていました。

より競技向け感が増したという感じです。

 

このシューズは過去最高に穴が開いたシューズです。

履きつぶすのレベルを超えていたと思います(笑)

 

そして四代目。

今回のエアズームペガサス36に代替わりしました。

名前の通り、ルナという文字が消えました。

そう、このシューズのソールはルナロンではなく、ズームエアという機能の靴です。

履き比べて見た感想は、ルナロンは柔らかくて高反発、ズームエアは硬くて衝撃吸収という感覚。

 

ナイキの公式サイトとか見ると、難しくメカニズムの説明とかが載ってるんで、

興味がある人は見てみてください。

個人的感覚は上記の通り。

もちろんどっちも素晴らしいシューズですよ。

 

ただマラソンで長距離を走るんだったら、

今までのシューズの中では断トツですね。

 

まとめ

ランニングシューズは履きつぶしてナンボだと思っているので、

今回のシューズも愛着をもって履きつぶします。

10月のハーフマラソン大会が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました